私なりの保護活動の趣旨

里親募集中です。詳しくはこちらから♪
b0143962_23181962.jpg

問い合わせ先:: メールmiti_37★hotmail.com ★を@に変えて下さい



現在、犬については毎年2万匹前後で殺処分数が減少しています。このままの比率で減少していけば、あと10年以内で殺処分ゼロの日がくることも夢ではないかもしれません。

ALIVEの調査では、平成15年度の犬の殺処分数は164,200匹ですが、そのうち、子犬33%、成犬 67%となっています。

また猫の殺処分数は275,600匹で、そのうち子猫は81%、成猫は19%となっています。この子猫はまだ目も開かないような産まれたばかりのものが大多数と言われています。このことは、特に猫については、不妊去勢の周知徹底により、8割以上の殺処分をなくすることができることを意味します。

飼育できずに殺処分ということに至る前に、飼い主のモラルの向上が強く望まれます。

犬猫の処分数の減少に向けて より抜粋
ALIVE 2005.9.3
野上ふさ子    



先日、里親募集の掲示板をご覧になった方とお話しすることで再度初心に戻り考える機会がありました。
Hさんありがとうございす。

保護した猫を譲渡するに当たり 私の思うことは 
ただただ 譲渡した猫達を生きている限りは可愛がって欲しい それが一番のお約束です。
可愛がりかたは人それぞれと思います。
が、しかし、苦痛を与えるような可愛がり方はお断りです。
粗相したって、その辺で爪といだって、コップ割られても、おかず食べちゃても・・・
猫だから仕方ないね~ 
なんて多めに見て頂ける方が希望・・・なんです♪


なぜ、保護、そして譲渡活動をしているか
それは、保護猫達を通して 上記にもあるように
不妊去勢の周知徹底により、8割以上の殺処分をなくすることができることを知ってもらうこと
飼育できずに殺処分ということに至る前に、飼い主のモラルの向上をはかる
ちょっとした思いやりから始まる不妊去勢の伴わない餌やりによる不本意な繁殖を減らすくこと
避妊去勢の重要性(猫の無駄な繁殖を防ぐ、あなたのお家では生まれてないかもしれませんが、よそで交尾し猫を増やしている可能性はあります、うちの子は大丈夫!と過信は禁物です)有効性(部屋のマーキングを防ぐ、発情を防ぐ、猫の心が本能(発情、縄張り争い)に左右されず穏やかになり気持ち良くのんびり過せるそうです)などなど・・・
を 新しい飼い主さんへお伝え共感して頂きそしてそのことを周囲の方たちに伝えて頂けるように活動をしてます。
ずっと、前からこのことを考えていたのではないんです。
こう、思い始めたのは今年、2月の捕獲保護譲渡(今残っているちーちゃんなどのグループ)をやったのがきっかけです。
茨城県の犬猫処分事情を知ってしまった今、猫好きな私としてはやはり少しでも処分数を減らしたいと思うんです。
現状を知らなかったのなら係わった方たちに事実を知って頂きたい
そして新しい飼い主さんも共感して頂ける方だと嬉しいです。


譲渡するに当たり
少し条件などななど書いてあります。
完全室内飼い この条件・・これは無理!可哀そう!!と思われるかたいらっしゃると思いますが
結構、案外、室内飼い出来ます。
こちらで保護している成猫さんたちは現場から捕獲して避妊去勢をし少しの間ケージで暮らしてもらいます。
そして、慣れて来たなと思ったころに ケージとお部屋の出入りを自由にしてあげます。
外を眺め窓の外に出たがる猫もいます。
でも、我慢、出しません。
すると不思議、遅い子でも2、3カ月もすれば 餌も、寝床も、外敵もいないお部屋暮らしに満足してしまうんです。私のところで家猫さんになってもらって そして、譲渡先様でも頑張って3カ月~半年は完全室内飼いに努めてもらうと、まんが一、外に出てしまったとしても家に戻ってくる可能性は高いと思います。
よく、もらってきた猫を家に上げた瞬間 飛び出して何処か行ってしまった、逃げてしまったと聞きますがそれは、猫的には当然のことで 、そのお家がまだ、猫にとって安住の場所か解らなくて不安怖くて安心できる場所に逃げたくて、一目散で人の下から逃げて外に逃げてしまうんだと思うんです。
仔猫だからといっても、2か月近くになればとてもすばしっこいです。成猫さんと同じように、こうした事情により完全室内外に努めて頂きたいです。


えっと、猫を飼うのはとっても楽しいです♪
今日、お客様で猫を15匹飼ってる方がいらっしゃいました。
そのお宅で猫をたくさん飼っているのを知ってる心ない人がその奥さんの家に猫を捨てていくこともあるそうです。
奥さんはなるべくご近所に迷惑のかからないようその子たちも面倒を見ています。
奥さんは猫達のために頑張って働いてます。
そう、もちろん、みんな、避妊去勢済。すごいですね!
一度にではないけれど少しずつでも手術をされているその気合い猫を思いやる気持ちが素晴らしいと思います。
そこのお宅では
「みーちゃんおいで~」
と言うと、 みんな列をなして奥様の後をついてくるそうです。
子供のようで可愛いのよ♪いろいろな性格の猫がいておもしろいし楽しい。
と おっしゃってました。
私も、保護を初めて常に複数猫が家にいるのですが 大変な時もありますが楽しいです。
猫を飼うのやめられないですよね~、なんて笑い話してました。


猫を捨てないでください。
処分に出さないでください。
飼い始めた以上、どうにか 最後まで見てあげて下さい。
一人で悩まないで 最善の策を一緒に考えましょう。

きっと、安住の地を見つけのんびりしてるタマちゃん・・・
b0143962_21172192.jpg


埼玉より里親募集中**バナークリック

[PR]
Commented by tennjan at 2009-12-12 23:57
たくさんの小さな命が、ちょっとの努力で救われる命が、どんどん奪われていくのかと思うと悔しいですね。みちさんの思いがどんどん伝わって広がっていきますように☆
私自身この10月にテンテンとジャンを保護して、今いろいろなことを考えさせられています。2匹を保護したときはひたすらパニックで、ケアして里親さん探すなんて絶対にできないと思っていました。
どちらもぼろぼろの状態だったので見過ごすことができず、とにかく保護してしまった、そう、そのときは「してしまった」と思っていました。
2匹とも病気になるし、私も体調を崩すし、仕事は全く手につかず、趣味なんてとんでもない、友達にも会えない、とにかく今までの生活が一変してしまいました。
でも、テンテンとジャンに出会ったことによって私の中で何かが変わって行こうとしている気がします。仕事や住宅事情などで、私ができることは限られていますし、まだ具体的に何がどうできるのか、全く分かっていませんが・・・
私は何ができるのか、考えてみたいと思います。ありがとうございます!






Commented by BB-NatuHaru at 2009-12-13 19:33
tennjanさん 大変な時期を乗り越えて今があるんですね・・。
きっかけがあって気が付くことがあって 出来ることから放り投げないでやってるんですね、偉い!
今のtennjanさん とっても楽しそうにブログ更新されてますよ~
楽しみながら そうすればきっとお相手にも猫飼いの楽しさや保護主の思いが伝わると思います。きっと・・
今後も少しずつお互いに 猫と人との共存のためにトライしていけるといいですね♪(なんか、文章にするとお固いです^^;)
by BB-NatuHaru | 2009-12-11 21:19 | 飼い主さん募集 | Comments(2)

はるとなつのアルバム&保護猫紹介
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31